企業情報

代表者挨拶

代表取締役社長の竹下 晴明です。 私たち(株)新三興鋼管は、三井物産グループに属する、本社・製造現場・営業等 全ての会社組織を千葉県市原市の本社工場敷地内にコンパクトに一体化した、機動力のある、熔接鋼管メーカーです。 1998年に三井物産(株)が当社株式を100%取得し、その後、三井物産(株)の 完全子会社である三井物産スチール(株)が97%、日本を代表する鉄鋼メーカーの日本製鉄(株)が3%の株式を各々保有、今日に至っております。 業界に於ける唯一の総合商社系メーカーとして、“溶接鋼管”を中核とした鉄製品で社会に幅広く貢献すべく、農業・建設・土木等の様々な分野向けに多岐に渡るバランスのとれた品種・鋼種構成で、高品質な製品をお客様に提供して参りました。 三井物産グループの各種経営資源とネットワークをフルに活用すると共に、私たちの特徴である「機動力・提案力」を最大限発揮することで、市場での存在感を高めつつ、お客様の満足度向上に向け常に全力を尽くす所存です。また、安全と品質を最優先としつつ、コンプライアンス遵守の徹底と地球環境保全への取り組みを鋭意推進することで、企業としての社会的責任も果たして参りたいと存じます。 常に環境の変化に迅速かつ的確に対応して企業価値を高める、また、「企業は人なり」の言葉通り、社員一人ひとりがいきいきと働くことで自ら成長しお客様に新たな価値をお届けする、そんな会社を目指します。 今後共、ご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

経営理念

  • 自然と調和し社会と共生します。
  • 法令の遵守を最優先し社会の発展に貢献します。
  • 会社で働く人の安全を最優先します。
  • 顧客・地域社会・従業員に愛される会社を目指します。

会社概要

商号 株式会社新三興鋼管
住所 〒290-0044 千葉県市原市玉前西3丁目3番
電話 0436-22-1625
FAX 0436-22-1634
設立 平成10年3月9日
資本金 3億円
株主 三井物産スチール株式会社(三井物産株式会社 100%子会社) 97% 日本製鉄株式会社 3%
営業品目 電縫鋼管製造・販売
  • 一般構造用炭素鋼鋼管(STK)
  • 一般構造用角型鋼管(STKR)
  • 配管用炭素鋼管(SGP)
  • 機械構造用炭素鋼鋼管(STKM)
  • 表面処理鋼管
  • 農業資材用鋼管
工場概要 (JIS認定事業場 QA0307013)
土地
23.390平方メートル
建物
16.764平方メートル
生産能力
6,000t/月
造管機械ライン
4基
スリッターライン加工能力
6,000t/月
切断機
3基
役員
代表取締役社長
竹下 晴明
常務取締役
田中 良夫
取締役工場長
飯沢 淳一
取締役(非常勤)
齋藤 隆之
監査役(非常勤)
山田 武

沿革

  • 1998年3月三井物産株式会社の100%出資により株式会社新三興鋼管を3月9日に会社登記、3月16日より創業を開始。
  • 2002年3月増減資により資本金を3億円に増資するとともに新日鐵住金(株)が3%資本参加。
  • 2006年9月ISO14001取得(2004年版)
  • 2007年8月新JIS(STK、STKM、STKR、SGP)取得
  • 2007年10月農ビ管の全国販売を開始
  • 2009年12月チェッカーパイプ特許取得(特許第4425212)
  • 2010年2月水溶性ニス塗装鋼管特許取得(特許第4455522)
  • 2013年2月SLパイプ(ネジ付配管用鋼管)特許取得
  • 2017年9月ISO14001(環境)2015版移行マネジメントシステム認証取得
  • 2017年10月新社屋完成・移転

コンプライアンス

株式会社新三興鋼管は、経営理念の実現に向け、コンプライアンスの遵守を経営の最重要課題の一つと位置づけ、 お客様をはじめ、従業員、取引先、地域社会、株主などの全ての関係者から信頼される企業を目指します。






サークル活動

健康促進の一環として、サークル活動を行なっています。
  • 野球
  • フットサル
  • 卓球

会社行事

様々な社内行事を通して、社員の親睦を深めることが、円滑な組織運営とコミュニケーションにつながっています。
  • ボーリング大会
  • ゴルフ大会
  • 宿泊忘年会
https://vegas.jaysalvat.com/ --------------------------------------------------------- */ ?>