一般構造用炭素鋼鋼管

一般構造用炭素鋼鋼管

高周波電縫誘導法により製造致しております。又、ねじれ・曲げに強い為、安全性の高い構造材としてご利用いただけます。
他の構造材に比べ、曲げ加工、スエージ加工、へん平加工、穴あけ加工が容易にできます。
当社の造管技術と品質保証体系によって生み出される製品は、常に安定した形状を保っております。
※オフラインでの切断加工も行っております。

JIS G 3444

機械的性質
種類の
記号
引張試験 曲げ試験 へん平試験
引張強さ
N/平方mm
降伏点
又は耐力
N/平方mm
伸び% 曲げ角度 内側半径
(Dは管の
半径)
平坂間の距離
(Dは管の外径)
11・12号
試験片
管軸方向
STK290 290以上 30以上 90度 6D 2/3D
STK400 400以上 235以上 23以上 90度 6D 2/3D
STK490 490以上 315以上 23以上 90度 6D 7/8D
STK500 500以上 355以上 15以上 90度 6D 7/8D
外径・厚さ及び長さの許容差
区分
外径の許容差 厚さの許容差 長さの許容差
1号 50mm未満 ±0.5mm
50mm以上 ±1.0%
4mm未満 +0.6mm・-0.5mm
4mm以上 +15.0%・-12.5%
+規定なし
-0
2号 50mm未満 ±0.25mm
50mm以上 ±0.5%
3mm未満 ±0.3mm
3mm以上 ±10.0%

製造可能範囲

サイズ\板厚 1.2 1.6 1.9 2.0 2.3 2.4 2.8 3.2 3.5 3.7 4.0 4.2 4.5 5.0 5.8 6.0 7.1 8.2
21.7
27.2
34.0
42.7
48.6
60.5
76.3
89.1
101.6
114.3
139.8
165.2
216.3
※上記以外のサイズも別途ご相談下さい。