機械構造用炭素鋼鋼管

機械構造用炭素鋼鋼管

機械構造用炭素鋼鋼管

高周波誘導溶接法ですので、高周波電流の表皮効果および近接効果により、電流が溶接部に集中します。そのために溶接性が良く、鋼管全長にわたって信頼性の高い溶接部が確保されます。 曲げ加工が容易にできるように、素材は厳選した鋼管用炭素鋼鋼帯を使用して、当社の造管技術と厳しい品質管理で高品質な製品を製造しております。

JIS G 3445

化学成分
種類の
記号
化学成分単位
C Si Mn P S
STKM 11A 0.12以下 0.35以下 0.60以下 0.040以下 0.040以下
STKM 12A 0.20以下 0.35以下 0.60以下 0.040以下 0.040以下
STKM 12B
STKM 13A 0.25以下 0.35以下 0.30~0.90 0.040以下 0.040以下
STKM 13B
STKM 14A 0.30以下 0.35以下 0.30~1.00 0.040以下 0.040以下
STKM 14B
【備考】
  1. キルド綱であって、かつ、注文者が製品分析を要求した場合、表記の値に対する許容変動値は、 JIS G 0321(鋼材の製品分析方法及びその許容変動値)の表1による。
  2. 管の化学成分はとりべ分析による。
長さの許容差
切断による区分 許容差
造管切断したもの +50
-0
再切断したもの ±1mm
【備考】
  1. 上記以外の許容差を必要とするときは、お打ち合わせのうえ製造いたします。
  2. 特にご指定のない場合は、造管切断したものを適用します。
機械的性質
種類の
記 号
引張試験 曲げ試験 へん平試験
引張強さ
N/m㎡
降伏点
又は耐力
N/m㎡
伸び % 曲げ角度 内側半径
(Dは管の
外径)
平坂間の
距離(H)
(Dは管の
外径)
11・12号
試験片
管軸方向
STKM 11A 290以上 35以上 180゜ 4D 1/2D
STKM 12A 340以上 175以上 35以上 90゜ 6D 2/3D
STKM 12B 390以上 275以上 25以上 90゜ 6D 2/3D
STKM 13A 370以上 215以上 30以上 90゜ 6D 2/3D
STKM 13B 440以上 305以上 20以上 90゜ 6D 3/4D
STKM 14A 410以上 245以上 25以上 90゜ 6D 3/4D
STKM 14B 500以上 355以上 15以上 90゜ 8D 7/8D
【備考】
  1. 厚さ8mm未満の管で12号試験片を用いて引張試験を行う場合には、伸びの最小値は管の厚さが8mmより減少するごと1mmについて1.5%の割合で表記の伸びから減じたものとし、JIS Z 8401(数値の丸め方)により整数値に丸める。
  2. 外径40mm以下の管については、表記の伸びは適用しない。ただし、特に必要のある場合には、注文者と製造業者との協定による。
  3. 12号試験片で引張試験を行う場合は、継ぎ目を含まない部分から採取する。
  4. 曲げ試験は特に注文者の指定のある場合、外径50mm以下の層に適用し、へん平試験の替わりに行う。
外径の許容差単位 ㎜
区分 外径 外径の許容差
1号 50未満 ±0.5
50以上 ±1%
2号 50未満 ±0.25
50以上 ±0.5%
3号 25未満 ±0.12
25以上 40未満 ±0.15
40以上 50未満 ±0.18
50以上 60未満 ±0.20
60以上 70未満 ±0.23
70以上 80未満 ±0.25
80以上 90未満 ±0.30
90以上 100未満 ±0.40
100以上 ±0.50%
【備考】
特にご指定のない場合は、2号許容差を適用します。
厚さの許容差単位 ㎜
区分 厚さ 厚さの許容差
1号 4未満 +0.6
-0.5
4以上 +15%
-12.5%
2号 3未満 ±0.3
3以上 ±10%
3号 2未満 ±0.15
2以上 ±8%
【備考】
特にご指定のない場合は、2号許容差を適用します。