安全への取り組み

安全重点項目

  • photo
    安全は個⼈の責任
    ⾃分の⾝は⾃分で守る
  • photo
    安全最優先の姿勢
    安全管理体制の確⽴
    災害発⽣時は速やかに現場検証/dd>
    災害発⽣時には全⼯場を⽌めて災害報告会実施(全員参加)
    決めた事は必ず守る指導
    新⼈配置前の特別教育
    法令遵守の姿勢(コンプライアンス)
    毎⽉の安全衛⽣委員会での問題早期解決
  • photo
    信賞必罰
    半期毎の表彰(チーム単位で表彰)
    査定考課への反映(被災者・上司)
  • photo
    安全衛⽣教育
    KYTへの積極参加
    4ラウンド法によるサークル教育(チーム単位)
    階層別安全教育(外部講習)
    安全作業標準の遵守
    作業⻑・機⻑による安全作業チェック
    安全衛⽣管理者による⼯場巡視記録
    クレーン・⽟掛け基本操作実技指導(7⽉安全週間中)
  • photo
    ウッカリ・ボンヤリ対策
    始業前の安全唱和(全員) H18年6⽉より実施
    指差呼称の実施
    相互注意の徹底
  • photo
    ペナルティー
    問題⾏動(不安全⾏動)や再発者にはイエローカードの発⾏
  • photo
    その他、安全活動
    ヒヤリ・ハット活動(掲⽰・TBMで周知)…⽬標300件/年
    4Sの実施(毎週(週初め1時間))
    全体安全朝礼(毎⽉)・毎朝の幹部対象ミーティング・始業前TBM
    産業医安全パトロール(毎⽉)
    チーム安全パトロール(毎⽉) (作業⻑パトロール・職場安全委員パトロール)
    外部(中央労働災害防⽌協会等)安全診断(隔年)
    同業他社との災害情報交換
    同業他社の安全(4S)・技術交流会
    4S地主制度の活⽤
    安全柵・カバー・⼿摺等の設置
    危険体感施設等の⾒学
    安全⾃⼰宣⾔(各⾃のヘルメットに貼り付け)
    『報・連・相』の徹底